参加者の声 @

六十里越街道を実際に歩いてみての感想をお書き下さい


内陸部の整備が庄内部より遅れていると思われる。
素晴らしい古道であるがもう少し整備が必要と思う。
志津〜湯殿山までのコース、志津からの入口が分からない。各コースの看板を設置すると良いと思う。又、休憩場所もあれば良い。
 



志津からの石畳は、この街道の目玉になると思うので、六十里越街道のシンボルとしてポスターなどにも登場させた方が良い。このような石畳は庄内側には無かったので絶対に売り出すべきだ。

分岐道でどちらにいけば良いのか分からない所が、何ヶ所か見られた。案内者がいないと途方に暮れてしまう。単独でも安心して歩けるように分岐する場所には案内板を取り付けるべきだ。

全体的には、六十里越街道を体験するにはすごく良い状態だったと思う。歩きやすいようにと立派に整備するのは感心しない。本当に昔歩いたのとほぼ同じ体験を出来たのは感動ものであった。これをアピールすれば、現代の世相にもマッチするものがあると思う。
 



国道より初めて四ッ谷集落に行きましたが、あの山神を中心に六地蔵という立派な供養塔を合祀したのが1番印象に残ります。あとは普通の山村の山に登る山道を歩くようなものでした。弓張茶屋跡も土留石組がありましたが、二俣沢を渡る石畳は六十里越街道でこの場所ばかりで、こけむした石もあり、本当にこの石を行者がどんな気持ちで踏んで登ったり下って行ったか。常夜燈は大井沢よりどんな明かりに見えただろう。志津から湯殿山ホテルまでは普通の山や沢道で登り下りがはげしいだけ庄内側はブナの大木で驚くほどの自然が残っている感じ。遥拝所は湯殿本宮がきれい、とうふ道はなんだか、とうふ小屋跡より、とうふの匂いが風に乗って来そうな感じだった。
 



年々良くなっているがより整備される事が必要と思う。
 



内陸と庄内を結ぶ最短の道として、古代から明治時代で産業、経済交易、更には信仰の道路として先人たちが往来して来た歴史ある街道として思いを馳せるとき、春の新緑から秋の紅葉の時期で、何回歩いても景観が素晴らしく魅力的で感動する、ロマンチックな街道であると思う。
 



毎回天候にも恵まれて大変楽しく歩く事が出来ました。「六十里越街道」を歩く中で、昔の人々の忍耐強さ、交通の便利さもない中で、重い荷物を背負ってね1日に山道をさっさと歩く強靭な体力などの強さ、素晴らしさをつくづくと感じることができました。

また、今回の「六十里越街道を歩こう」の中で出会えた、冷たくて美味しい沢の水、山ぶどう、ぶなぐるみ、沢もだしやナメコ、ブナはりたけなど、昔の人々も、豊かな自然の中で、四季折々に自然の恵みを生活に取り入れて、つつましく健康に暮らしていたのだろうと思いました。豊かな自然は、本当に私たち人間や、命あるものにとってすばらしい宝です。これからも大事に守って、後世までずっとずっと残したいと思います。
 



六十里越街道については以前から興味を持っており、この度、機会を得て相当部分を踏破できたことは幸いでした。残りの部分についても今後歩いて見たいと思っております。見事なブナ林に囲まれた山道や復元された石畳など変化に富み、見通しの良い場所ではね月山と朝日連峰が望める素晴らしい街道でした。

ただ、ガイドなしで歩くだけでは、その背後にある信仰と生活史の実感は中々つかめなかったと思います。今回、大井沢の大日寺をコースに組んでいただきね林立する見事な供養塔を見て、その点を実感できたことは大変うれしく思います。

最後に、古道の調査復元、維持管理など地元の方々の大変なご努力に感謝いたします。
 



@トレッキングし易い道である。(急ではない)
A歩いていて「いやし」を感じる。
Bブナ、ナラの道は、杉とは違って、やわらかく受け入れてくれる感じ。
C都会からのハイカー、トレッカーにも感動してもらえそう。
D参加された人たち、高齢者が多かったですが、皆さん楽しそうに満足された顔をしていました。きっと、心身ともに満たされたんだと思う。
 



西川町には、すばらしい財産が眠っていたんだという驚きと喜び!
人類の遺産がここにあるという思い!!
「信仰と流通の道」という人間が生きていく上でなくてはならない要素を兼ね備えた上に、街道丸ごと大自然に囲まれた美しさを、日本中、世界中の人に来て、歩いてもらいたい。来てもらえる魅力あります。
ボランティアガイド希望しました。
時間のゆるす限り、六十里越街道に関わって行きたい…。
 



庄内と内陸を結ぶ道を古の人が懸命に歩いたことが偲ばれ、山形県の歴史と文化の足跡を思い起こし、昔、幾つかの小国に分かれていた事を実感いたしました。

然し、朝日村側の整備に比べて西川町側の対応が多少おくれている様に思います。要所の説明だけでなく、先人の生活等にこの道がどのように利用されていたか等の勘考が必要ではないでしょうか。
 



6月、7月とお世話になりありがとうございます。
大日寺の見るべきものの多さにびっくりしました。
また、道智道の地蔵峠、古寺も良かったです。
那須先生、教育文化課の皆さんにお礼申し上げます。
 



道路がきれいに整備されて気持ち良く歩かせて頂きました。途中、山の幸を収穫できて喜びも一入でした。けれど、1人や2人での街道歩きは、あまりにも距離がありすぎて、寂しく、また恐ろしく感じられました。(クマ出没、途中の突然の事故等)気軽に「さぁー歩きましょう」とは少々不安。大勢で歩くのは楽しい!!
 



初めて歩く全員が、途中のケガや病気などを心配したと思いますが、全員元気で踏破したことで、これから歩く人にも安心を与えることが出来ました。

しかし、あの山道を昔の人は恐れることなく歩いたことに驚きを感ずると共に、特に戊辰の役の庄内藩の活動など驚くばかりです。昔はもっと道が良かったのではないかと感じたところです。
 
[ カテゴリ(感想)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(感想) | 地域(どこか) | 記録日(/) | 登録日(2005/11) ]
[ ホーム| ]
山形県西川町教育委員会 教育文化課