六十里越街道を歩くB


→画像表示 [ Lサイズ ] [ オリジナル ]


六十里越街道を歩く山形学講座もいよいよ大詰めです。今回は旧朝日村側を湯殿山ホテルから田麦俣まで歩きました。旧朝日村側はこの街道のメインとも言える区間でまさに古道らしい面影を随所に残しています。湯殿山ホテルから細越峠までは急坂ですが、ここを越えて大堀抜、小堀抜(おほのぎ、こほのぎ)と呼ばれる掘割を過ぎると田麦俣まではずっと下りのコースとなります。途中の花の木坂にある「千手ブナ」は圧巻で一見の価値あり。まさにブナ林の中の「千手観音」である。かの岡本太郎が若き日歩いた言われる六十里越街道。太陽の塔に代表される氏の作風の原点をこの神秘のブナの神々しいまでの姿に感じた。

今回の参加者は26名。今回も天気に恵まれ、山の幸きのこにも恵まれた。そして私たちは西川町四ッ谷から鶴岡市田麦俣までの区間を全走破する事ができました。地元の資産である六十里越街道、私たちはいま益々その魅力にはまっています。
 
(68件)
01 出発前 02 佐藤会長 03 参加者たち 04 湯殿山碑
05 湯殿山碑 06 山船頭協会長 07 やまんど氏 08 街道之碑
09 街道を歩く 10 街道を歩く 11 六十里越街道 12 山船頭協会・小野寺会長
13 参加者 14 変わった形 15 やまんど氏歩く 16 奥山生涯学習主幹
17 佐藤歴史文化会長 18 街道の案内板 19 参加者 20 街道の標柱
21 湯殿山への分岐点案内 22 鬱蒼とした森の中 23 街道を歩く 24 街道を歩く
25 街道を歩く 26 街道を歩く 27 湯殿山碑 28 湯殿山碑
29 小野寺氏 30 湯殿山碑 31 大きな碑に感激 32 会長の説明
33 会長の説明 34 一本橋を歩く 35 一本橋を歩く 36 源頭近し
37 高橋さんと清野さん 38 参籠跡 39 木の橋 40 木の橋
41 もみじ 42 斎藤茂吉の歌碑 43 ちょっと一服 44 湯殿山信仰碑跡
45 笹小屋跡 46 街道の風景 47 塹壕跡 48 塹壕跡にて
49 塹壕跡の中 50 三山りんどう 51 砲台跡 52 一杯清水
53 もたすだ! 54 もたす!もたす! 55 もたす!もたす!もたす! 56 小雨
57 落書き 58 みあげて 59 なめこ! 60 遥拝所
61 細越峠 62 湯殿山碑 63 昼食 64 昼食
65 昼食 66 下る 67 下る 68 茂吉の歌碑

[ カテゴリ(六十里越)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(六十里越) | 地域(どこか) | 登録日(2005/10) ]
[ ホーム| ]
山形県西川町教育委員会 教育文化課