[ カテゴリ(町指定)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(町指定) | 地域(西川町) | 登録日(2006/12) ]
西川町の文化財

第23号 彫刻 金剛力士像

カテゴリ: 町指定文化財 地域: 西川町
(登録日: 2006/12/28 更新日: 2009/06/15)


→画像表示 [ Lサイズ ] [ オリジナル ]



→画像表示 [ Lサイズ ] [ オリジナル ]



指定年月日 平成18年12月28日
所有者    湯殿山神社(旧本道寺)
所在地    西川町大字本道寺字大黒森381番地
作者     不明
製作年代  17世紀(推定)


@阿形
頭部は髻を紐で結い、頭飾をつけている。目と口は開いている。右手は下に伸ばして開き、左手は振り上げて独鈷を
持っている。腰は左に捻り立っている。下衣、裳、天衣をつけている。
総高 300cm 像高275cm 髻頂〜顎 70cm 頭頂〜顎50cm 面幅36cm 胸奥58cm 腹奥60cm
足先開き(外)96cm 肘張(右肘外〜左肘外)140cm 天衣幅141cm

A吽形
頭部は髻を紐で結い、頭飾をつけている。目は見開き、口は閉じている。右腕は胸側で曲げ、手は開いている。
左手は腰脇で拳を作り、腰は右に捻り立っている。下衣、裳、天衣をつけている。
総高 300cm 像高275cm 髻頂〜顎 70cm 頭頂〜顎50cm 面幅34cm 胸奥56cm 腹奥61cm
足先開き(外)97.8cm 肘張(右肘外〜左肘外)149cm 天衣幅144cm


慶応4年(1868年)閏4月12日、鎮撫(官)軍は旧本道寺伽藍を焼いたが、金剛力士像は焼失を免れた。その後
神仏分離令に伴って仙台ホテルに移転、昭和20年(1945年)の仙台空襲の際も無傷で残り、再び元の湯殿山神社(旧本道寺)
に戻ってきた。
 
[ カテゴリ(町指定)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(町指定) | 地域(西川町) | 登録日(2006/12) ]
[ ホーム| ]