[ カテゴリ(町指定)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(町指定) | 地域(西川町) | 登録日(2004/10) ]
西川町の文化財

第3号 工芸品 五輪塔

カテゴリ: 町指定文化財 地域: 西川町
(登録日: 2004/10/25 更新日: 2009/06/15)



指定年月日  昭和54年1月20日 
所 有 者  賛仰会
所 在 地  西川町大字海味字太郎山959の5

総高 25.3p、(地輪の高さ8.2p、一辺10.2p)
紀年銘 地輪の部分に朱漆で、『元徳四年(1332)壬申六月二十一日、信性禅(尼)』とある。基部から、地水火風空の五輪には、それぞれ朱書の種字がある。全体黒漆塗で基底部にほぞ穴がある。地輪涅槃門(北)に紀年銘がある。五輪塔の初期の形として模式的である。
 奉納者の信性禅尼とは、どのような人物であるか不明であるが、この五輪塔は阿弥陀如来の胎内に納入されたものと思われるから、その夫の菩提のための納入品であったろう。
 
(2件)
01 第3号 工芸品 五輪塔 02 第3号 工芸品 五輪塔

[ カテゴリ(町指定)へ戻る | ←← | →→ ] [ カテゴリ(町指定) | 地域(西川町) | 登録日(2004/10) ]
[ ホーム| ]